交通事故よくある質問

むち打ちとは

むち打ち症で頚椎カラーを付ける男性

首の痛みだけじゃない むち打ちを理解する その1

むち打ちはなぜ起こるのか

交通事故のケガで最も多いといわれているむち打ちは、追突などの衝撃で首が激しく揺さぶられ、首周辺の組織が損傷されて引き起こされる症状です。
平均して5kg前後の重い頭部を支えている首は、突然加わる強い衝撃で相当なダメージを負うことになります。
首には脳と胴体をつなぐ重要な神経が集中しています。首の周りの筋肉や骨格、神経が損傷を受けて、身体のさまざまな組織に大きな影響を及ぼす恐れがあるため、特に注意が必要になります。

むち打ちの症状

交通事故が原因のむち打ちは、事故の翌日あるいは数日後に急に痛み出す特徴があります。
事故直後は何ともないと思っていたのに、首や後頭部、肩、背中の痛みやコリ、耳鳴り、めまい、食欲不振、吐き気、手足のしびれなどの不快な症状を引き起こすこともあります。
骨折や脱臼などの、外見からわかるケガとは違うため、むち打ちの症状を周囲に理解してもらえないこともあり、我慢しているうちに悪化させてしまうことも少なくありません。痛みで身体がつらい上に、精神的な負担も大きくなってしまうと、症状の回復にも影響してきます。
むち打ちは、我慢していれば治るというものではありません。さらに悪化して、症状の固定や慢性化を招く恐れがあり、治療期間も長期化してしまいます。

むち打ち症を治すために

むち打ちは、事故の強い衝撃によって生じる「骨格のゆがみ」が主な原因です。
痛みを伴わない施術で、首周辺だけではなく全身の緊張した筋肉をしっかりほぐし、血管や神経の圧迫を解消させます。
骨格が整ってくると、身体の機能が正常に働くようになり、痛みや不調の早期改善にもつながります。
むち打ちによる症状を自然に回復させることは非常に困難です。早い段階で、適切な治療をスタートさせることによって、3ヶ月ほどで改善がみられる場合があります。※個人差があります。
身体に少しでも異変を感じたら、我慢しないで早めに受診することが改善への近道になります。
むち打ちの治療は、自賠責保険の適用により窓口の負担はありません。実質0円です。
治療費の負担がありませんので、安心して治療に専念できます。
むち打ちの治療でお悩みの方は、今すぐご相談ください。

0800-800-4426 WEB予約