交通事故よくある質問

交通事故と保険

保険の外交員と自賠責保険の契約書類

治療費、交通費、休業補償、慰謝料 保険のいろいろ

交通事故と自賠責保険について

交通事故の治療には自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)が適用されるため、窓口での負担はありません。実質0円です。
自賠責保険とは、国が運営する対人補償制度です。相手が保険に入っていない、任意保険を使いたくない、ひき逃げ事故などの際、被害者が「最低限の補償」を受けられるものです。公道を走る全ての自動車(バイク、原動機付自転車を含む)に加入が義務付けられているため、強制保険とも呼ばれています。
自賠責保険は、整骨院の治療にも適用されます。

治療費(整骨院での治療を含む)
交通費(電車、バス、タクシー、駐車場代)
休業補償(交通事故前の過去3ヶ月分の給与額などを記載した休業損害証明書が必要)
休業補償=「5,700円×休業日数」
※1日の基礎収入額が5,700円を超えると認められる場合には、19,000円を限度に実額を基礎収入額とすることができます。

慰謝料(精神的な損害に対する賠償)
慰謝料=「4,200円×総治療日数」または「4,200円×(通院日数×2)」
※どちらか少ない金額の方をとります。

専業主婦もしっかり補償

専業主婦(家事従事者)にも休業補償が適用されます。
家事に従事して家族の生活を支えているということで、家事ができなかった日数に対して休業損害が認められます。収入がない専業主婦の方も、安心して治療を受けることができます。

自賠責保険が適用されるため、窓口での負担は0円です。
交通事故治療の保険に関する疑問に、弁護士事務所の無料相談を受付けています。
お気軽にご相談ください。

0800-800-4426 WEB予約