交通事故よくある質問

交通事故に遭ってしまったら

交通事故現場

よく分かる「交通事故の対応」「その後の治療」

自分がどんなに気をつけていても、予測がつかないものです。
万が一に備えて、事故に遭った時の的確な対処法を押さえておきましょう。

1.交通事故現場での対応

警察へ連絡。ケガ人の確認と救助、事故現場の状況を伝える。
・交通量が多い道路では周りに注意して、安全な場所に避難する。
・お互いの加入している保険会社へ連絡をする。
・相手の住所、氏名、電話番号、勤務先などを確認し、控えて、免許証、車検証をみせてもらい、車両ナンバーも控える。

2.交通事故証明書の申請

交通事故証明書は、保険金を受け取る際に必要になるため、警察に事故の届出をしましょう。届出をしていないと交通事故証明書の発行がされません。
他府県で起こった交通事故についても、最寄りの自動車安全運転センターで申請できます。

3.病院の診察を受ける

交通事故の衝撃は、身体に大きな負担を与えてしまいます。時間の経過とともに痛みや不調を感じるようになり、重大なケガをしている場合もあります。
外見上はケガをしていないように見えても、必ず病院で検査をしてもらいましょう。

4.整骨院で治療

交通事故の治療は、早期に適切な治療を開始することが最も重要です。
気になる痛みや身体の不調を放置しておくと、日常生活に支障をきたす恐れもあります。一人で悩まず、今すぐにご相談ください。

当院は、事故の衝撃による身体のゆがみを整え、その時の症状に合わせた治療に取り組んでいます。

交通事故が原因のケガは、自賠責保険が適用されるため窓口での負担はありません
経済的な心配をせず、治療に専念することができます。
他の整骨院からの転院や、病院との併用もできます。
お気軽にご相談ください。

0800-800-4426 WEB予約