交通事故よくある質問

整形外科(病院)と整骨院の違い

首のレントゲン

病院だけでは治らない? むち打ちを治療するということ

レントゲンで発見できない異常

病院や整形外科では、レントゲン検査で判断して治療を行います。しかし、骨そのものではなく、骨の周りを支える筋肉の緊張や神経の損傷など、画像に写らない症状を判断することは非常に難しいため、病院で治療を続けていてもなかなか改善されないことがあります。

整骨院と整形外科の違い

交通事故のケガに対しては、それぞれの症状に合わせた治療法を選択することがより効果的です。
整形外科でのレントゲン、CT検査、 MRI検査でケガがみつかった場合は、外科的治療や投薬を行う治療が必要になります。しかし、むち打ちによる痛みなど、筋肉や神経の異常が原因の症状は、画像検査では確認できないために治療法が限られてしまいます。一時的に痛みが軽減さても、湿布や痛み止めでは症状を取り除くことは難しいのです。
整骨院は、画像に写らない症状に対して、手技を中心とした施術で直接筋肉に働きかけます。適切な治療を行うためには、筋肉がどのような状態にあるかを把握することが重要になります。
画像検査では異常がみつからなかったが、首や肩の痛み、頭痛や吐き気などの症状があるという方は整骨院での治療をおすすめします。
当院では、特に問診を大切にしています。事故当時の状況や、現在の身体の状態を詳しく聞き出し、症状が現れている患部だけではなく、全身の筋肉や骨格を丁寧に診ていきます。

整形外科では「骨に異常なし」でも痛い

整形外科のレントゲン検査は「異常なし」でも、痛みが続いている。
これは骨の損傷ではなく、骨の周りにある筋肉や神経などの損傷によって崩れた骨格バランスに問題があると考えられます。
整体や矯正、マッサージ、冷却療法、電気治療、鍼灸療法などを、その時の症状や健康状態に合わせて選択し、骨格バランスを調整していきます。
痛みの軽減とともに、本来備わっている自然治癒力が高まるため、投薬などでは改善されないむち打ちの症状に効果があります。
自宅でも簡単にできる筋肉アップの方法や、生活における注意点などを指導して、痛みをくり返さない根本からの改善を目指します。

交通事故が原因のケガには、整形外科と同じように自賠責保険が適用されるため窓口での負担は0円です。
経済的な負担がありませんので、安心です。
通院している他の院からの転院や、病院との併用も可能です。
交通事故の後遺症にお悩みの方、整形外科(病院)ではなかなか改善しない方は、今すぐご相談ください。

0800-800-4426 WEB予約