交通事故よくある質問

病院の診断 頚椎捻挫・頸椎損傷とは

医師と診断書

むち打ちにも分類がある ! むち打ちを理解する その2

頚椎捻挫・頚椎損傷とは?

むち打ちは、正式な病名ではありません。病院では頸椎捻挫や頚椎損傷という診断名がつきます。

頸椎捻挫、頚椎損傷は、大きく4つに分類されます。

1.頚椎捻挫型

首の周りの筋肉や靭帯、関節包などの損傷して、捻挫、炎症を起こした状態です。むち打ち全体の70%~80%を占めると言われています。
主な症状:
首のコリや痛み、頭痛、頭重感、めまい

2.頚部交感神経症候群(バレ・リュー型)

頚椎損傷の際、頚椎を通る交感神経、椎骨動脈に障害を起こした状態です。
主な症状:
後頭部や首の痛み、めまい、耳鳴り、聴力障害、眼科疾患、吐き気、動悸、だるさ、睡眠障害

3.神経根症状型

脊髄の運動神経と知覚神経が集まる神経根が損傷し、圧迫を受けた状態です。
主な症状:
首の痛み、手や腕の痛み、筋力低下、しびれ

4.脊髄症状型

脊髄神経が損傷する、むち打ち症の中で最も重い症状です。
主な症状:
運動機能の障害、筋力低下、下肢のしびれ、知覚異常、歩行障害、膀胱直腸障害

交通事故によるむち打ちの症状は、非常に複雑でさまざまで、それぞれの症状に適した治療が必要になります。
早期の改善を目指すには、早期の治療開始が最も重要です。
事故後、上記のような症状が現れたら、できるだけ早く病院や整骨院を受診しましょう。

当院では、丁寧な問診と触診を行い、症状に合わせて整体や矯正、マッサージ、冷却、電気治療、鍼灸などを取り入れて改善を目指していきます。
自賠責保険が適用されるため、窓口での負担は0円です。
経済的な負担がなく、安心して治療に専念することができます。
治療中の他の院からの転院や、病院との併用も可能です。
交通事故の後遺症、頚椎捻挫・頸椎損傷でお悩みの方は、今すぐご相談ください。

0800-800-4426 WEB予約